西麻布フィオレンツァのウマい話


港区西麻布3-17-25   都バス[西麻布]停留所正面(中二階です)月休 ご予約03-6447-0144
by nishiaza

カテゴリ:お菓子( 10 )

フォンダンショコラ★

こんばんは、水野です☆

今日はバレンタインデーですね~つまりはチョコの日ですヽ(^o^)丿

数量限定でご用意しております、アツアツとろッとろのフォンダンショコラ。
d0166811_17564941.jpg
d0166811_1757945.jpg

この週末中はご用意しておく予定ですが、売り切れてしまっていたときにはすみません!
[PR]
by nishiaza | 2013-02-14 17:59 | お菓子

ドルチェ♪

d0166811_16472921.jpg

こんにちは、水野です♪

今日はお天気が良くて気持ちが上がりますね~

写真は、色々なベリーを使ったトルタ。

こういうのはやっぱり女子に人気があります(^^)

3月はお誕生日のお祝いでオステリアフィオレンツァにご来店いただいた方がすごく多かったような気がするのですが、ドルチェをすこしずつ色々盛り合わせて、ろうそくを立てて、お名前入りのメッセージを入れて・・・なんていうご依頼が数多くありました。

そのドルチェプレートをお席にお持ちした際に、お誕生日のお客様ご本人が喜んでいらっしゃると、もちろん良かったナァ、と思うのですが、ドルチェプレートをご依頼された方がその喜ぶ姿を見て本当に嬉しそうな顔をしていらっしゃった時、私はひと際嬉しくなります。

自分がこの仕事をしていてほんとにあぁ、幸せだな・・・と思う瞬間だったりします。

さて、というわけで。

オステリアフィオレンツァでは、記念日や何か特別な日のお祝いにドルチェプレートを、というご依頼も、その他こんな演出を手伝ってほしい、とか・・・大歓迎ですので(^^)/

私、水野にどうぞお気軽にご相談くださいね~
[PR]
by nishiaza | 2012-03-27 17:10 | お菓子

デコポンのトルタ☆

まだまだ寒い日が続きますね~(゜-゜)

今日はドルチェのご紹介を♪

デコポンのトルタ~ヽ(^o^)丿

d0166811_11412924.jpg


作ったのは昨年末に20歳を迎えたばかりのスタッフ、↑スダです★

私、水野と二人で今はホールの仕事もやってくれています。

それにしてもものすごい笑顔ですね・・・

d0166811_11412980.jpg


デコポンのトルタ、キラッキラに輝いて美しいですね~

笑顔全開で!(笑)オステリアフィオレンツァは皆様をお迎えいたします☆
[PR]
by nishiaza | 2012-02-16 11:39 | お菓子

りんごとアールグレイのトルタ

d0166811_11494575.jpg

りんごとアールグレイのトルタ♪

今のドルチェメニューの中でも人気のあるメニューです(*^_^*)

ドルチェとスパークリングワインの組み合わせが私は結構好きなのですが、今オステリアフィオレンツァでは、グラス売りでロゼスプマンテもご用意しております。

d0166811_1149518.jpg

ロータリタレンティーノブリュット ロゼ

ぜひお試しを☆
[PR]
by nishiaza | 2012-01-13 11:24 | お菓子

マルサラとピスタチオのセミフレッド

こんにちわ、チダです。

先日より、京橋フィオレンツァ勤務だった若手ホープ“ショウタ”が西麻布メンバーになりました。
今度、ショウタのいい写真が撮れたらアップします。

そのショウタと大友シェフが昨夜、駅に向かう道すがらギャル・ウォッチングを楽しんだとか!(ウズウズ)

ま、でも、あれですね、別に興味ないし・・・(ウズウズウズ)

ショウタが「すっごいキレイな人いました!西麻布イイですね!」なんて事を言ってましたね(ウズウズ渦渦)・・・。

・・・、今度一緒に帰ろうかな(;一_一)

さ!花より団子な方に最適なフィオレンツァ・ブログ、今日はコレ!

d0166811_1523283.jpg

マルサラ・ワインとピスタチオのセミフレッドです。

実際にこういう郷土菓子はないと思いますが、シチリアをイメージしました。

シチリアの西側にあるマルサラという場所で生まれた酒精強化ワインと卵黄を掻き立てた濃厚な卵酒クリーム「ザバイオーネ」をベースに、刻んだピスタチオも加えた香り豊かなアイス的デザートです。

マルサラ・ワインが醸し出す独特の香りがクセになる一品です、ゼヒ!(^_-)-☆
[PR]
by nishiaza | 2011-03-10 13:57 | お菓子

ガラナ

こんにちわ、チダです。

昨晩、以前から交流のあるイタリア料理のシェフと接客をされている奥様と3人で西麻布で呑み明かしました。
レストランの事や料理の事、ワインの事、接客の事について長時間喋ったのはものすごく久しぶりのことで、かなり楽しかったです。
脱線もしましたが・・・(ー_ー)!!

とにかく、そのシェフは謙虚で自分をしっかり持っており、奥様は可愛らしくて優しい!そして、お土産ありがとうございます!!また呑みましょう!
d0166811_1626796.jpg


さて、うなぎパイを食べて妙にテンションが上がってきたところでコチラ!

d0166811_16273733.jpg

ガラナエキス配合、滋養強壮、カフェイン補給、カカオ分64%のビターチョコレートです!

細かく刻まれておりますが、これはカッサータに使うそうです。
カッサータの仕上がりはまた後日ご覧いただこうと思います。
お楽しみに(^_-)-☆
[PR]
by nishiaza | 2011-02-23 16:31 | お菓子

改良型ティラミス

こんにちわ、チダです。

今朝は雪混じりの雨が・・・雨混じりの雪が?・・・とりあえず降りましたね。

昨日の夜も非常に寒く、更に悲しい出来事が・・・

それは、仕事後の事でした。

天気予報では、夜から雨か雪が降るみたいな事を言っていたそうですが、深夜、帰ろうと思った矢先にちょい強めの雨がザーッ・・・。

しかし、一応雨ガッパ(上下が分かれている薄手のスポーツウェアみたいなタイプ)を用意していたので、「余裕♪余裕♪」ってな感じで雨ガッパを引っ張り出しました。

そこでハタと気が付きました。コートを着てきたんです。
しかも、ちょっと厚みのあるハーフコート。

「まぁ、無いよりイイか」と思いながらカッパに袖を通して、恐る恐る鏡に映る自分の姿を見てみました・・・。

「ダ、ダサい・・・・・(;一_一)」

カッパからはコートがはみ出し、コートと重ね着した薄手のカッパは肉ジュバンを着ているかの様にパンパンでジッパーが悲鳴をあげていました。

結局カッパを着ずに濡れて帰りました。雨対策しよ・・・。

ヘーッキショイ!!チキショィ!失礼・・・、今日はコチラを紹介です。

d0166811_15515743.jpg

えー、またしてもティラミスの紹介ですが、今回からはザバイオーネがベースのティラミスです。

ザバイオーネは卵黄と甘口のワインを掻き立ててクリーム状にしたもので、そこにマスカルポーネチーズを混ぜて濃厚で香り高いクリームに仕上げます。

仕上げにふりかけるカカオパウダーにむせながら食べるティラミス・・・サイコーッ(^_-)-☆
[PR]
by nishiaza | 2011-02-09 16:01 | お菓子

苦悩とロマン

こんにちわ、チダです。

昨夜、フレンチ・イタリアンでレストラン・サービスの仕事をしている知人と6人で渋谷のとあるワインバーに行ってきました。
同席したフレンチで働いて間もない女子の仕事の悩みを聞いてあげる的な趣旨で、色々悩みがあるものの一番話したかったのは働いてる店のシェフとうまくやっていくにはどうしたらいいかという事でした。
でも、くよくよしているわけではなく前向きに解決したいという感じです。

ワインを飲みながら一通りお悩み話を聞いた後に、各々が体験談や今現在こうやってシェフと接しているという話をし、それについて色々意見が飛び交ったあの場は悩んでないボクも楽しめました。みんな色々考えてんだなーと。

結局、3時間ほど話をしましたがまとまるわけがなく次回に持ち越しとなりました。たまにはマジメな話もいいですね。普段マジメな話は3分持ちませんが…

ここでアピールターイム!!

さーて!!
寄ってらっしゃい見てらっしゃい。はいっ

d0166811_15343336.jpg

何を隠そう、ティラミスです。今となっては珍しくも何ともありませんが、やっぱり美味しいと思います。

この子のエピソードを少々。

むかーしむかし、トスカーナはシエナにあるとあるレストランのシェフがメディチ家のコジモ三世に訪問する機会がありました。その時、おみやげに持っていたのが「Zuppa del Dukeズッパ・デル・デゥーケ」又は「Crema alla Duchessaクレマ・アッラ・ドゥケッサ」というお菓子で、スポンジケーキをリキュールや果汁に浸したものではないかと言われています。
このお菓子がもとで、当時フィレンツェに在住のイギリス人によって「Zuppa Ingreseズッパ・イングレーゼ」というお菓子が生みだされました。

その後、16~17世紀にロンバルディア州でマスカルポーネが生まれ、1800年にドイツでエスプレッソマシーンが開発され、1828年にヴァンホーテンがカカオからココアバターを搾り取る事に成功します。

こうして1800年代後半に色んな国々との交易をしていたヴェネト州でティラミスが生まれました。

いろんな説がありますので、違うエピソードを知っている方もいらっしゃると思います。一つのロマンですよね(^_-)-☆
[PR]
by nishiaza | 2010-07-28 15:40 | お菓子

グレイ伯爵のお気に入り

こんにちわ、チダです。

今週も一日一日楽しんでいきたいと思います。

さて全国の素朴な焼き菓子好きのみなさん、大変ながらくお待たせいたしました!

前回、レモンとバターをたっぷり使ったトルタをご覧いただきました。実際に召し上がっていただいたお客様、その節はご注文ありがとうございました。

今回は、ほとばしる柑橘のフレーバーでお馴染みのアールグレイと、アールグレイと相性の良いミルクを使ったフンワリのトルタです。じゃん!

d0166811_12264818.jpg

やはり見た目は地味ですが、とにかく香りがいい!

d0166811_12353248.jpg

ちょっとしたアクシデントで10円ハゲが・・・(;一_一)

このトルタはかなり軽く仕上がったので、パスタや肉料理の後でもペロッとイケちゃいそうです。

ボクは紅茶を飲むことが滅多にありませんが、飲むとしたら真っ先にアールグレイを選択します。あの清潔感ある柑橘の香りが大好きです。アールグレイの由来がグレイ伯爵という人物が気に入っていたからというのも初めて知りました。さぞ感動したんでしょうね。

d0166811_13381881.jpg


ぜひお試しください(^_-)-☆
[PR]
by nishiaza | 2010-07-06 12:58 | お菓子

チョコ・カシス、ちょっとイカス!

こんにちわ、チダです。
今日は梅雨を感じさせないイカした気候ですね。

ところで、イカしてるって今あまり使わないんですね。ナウいとか。でも、そんな古めかしい言葉の響きが大好きです。

そんな事よりコレ!
d0166811_13471832.jpg

西麻布フィオレンツァのデザートメニューに載っている”チョコ・カシス フィオレンツァ”です。

チョコレートのムースと緩めのカシスゼリー、そしてビスキュイ・ジョコンド(基本的にはスポンジ生地ですが、ほとんどアーモンド・パウダーでできているのでしっとりしながらも香ばしく仕上がります。無理やりイタリア語にしたらトルタ・ジョコンダとでも言うでしょうか)を重ね合わせたトルタです。ビターチョコレートのしっかりしたムースとカシスの甘酸っぱさがかなりイカしてます。

チョコはこういうのを使ってます。
d0166811_1735514.jpg

苦味は程よくしっかりしていて硬派な感じです。

チョコレートってなんて素晴らしい食品なんでしょうか。ボクは鼻血が出るほどチョコレートが好きで、チョコレートもののデザートは無条件に美味しいと思ってしまう傾向があるので、ケーキ屋さんなどに出掛けた時には敢えてチョコレートものを封印することがあります。食べたい物食べればいいんですけどね、性分なんです。

というわけで、西麻布フィオレンツァのチョコレート・デザートに清き一票を(^_-)-☆
[PR]
by nishiaza | 2010-06-24 13:48 | お菓子


タグ
(4)
(2)
(1)
(1)
(1)
カテゴリ
最新の記事
ラスト!
at 2014-10-26 11:08
あと10日‼︎
at 2014-10-16 17:39
モンテビアンコ!
at 2014-10-10 16:53
野生エゾ鹿のステーキ ベリー..
at 2014-10-04 10:57
数量限定!大特価ワイン!
at 2014-10-02 10:49
以前の記事
最新のトラックバック
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧